ユニットはジャンボ宝くじで発表される1ユニット2,000万枚と1,000万枚があります。

組と番号は1等を当選させたいなら、すべて一致しなければなりません。

今回はユニットと組と番号について詳しく説明します。

ユニットについて


先程も説明したようにジャンボ宝くじは1ユニット1,000万枚です。

年末ジャンボは1ユニット2,000万枚になります。

2018年の年末ジャンボでは1等24本でした。
(24ユニット販売)

なので1ユニットに1本の1等が存在してるという事になります。


画像でも説明してるようにユニット24のジャンボ宝くじ券になります。

組について

01組からはじまります。

組がどこまで存在するかは以下の通りです。

  • バレンタインジャンボ・ミニ01組~100組
  • ドリームジャンボ・ミニ01組~100組
  • サマージャンボ・ミニ01組~100組
  • ハロウィンジャンボ・ミニ01組~100組
  • 年末ジャンボ01組~200組 /ミニ・プチ01組~100組

どのジャンボ宝くじも番号は10万通りしか存在しません。

100000からはじまり199999まで。

2018年の年末ジャンボで、すべての組と番号を一致させなければいけない等級は1等と1等の前後賞、2等です。

  • 1等96組122234番
  • 1等の前後賞96組122233番と96組122235
  • 2等135組186460番と29組197327番と93組131661番

組と番号=ユニット分の存在

2018年年末ジャンボを参考にしています。
( 宝くじ公式サイト)

年末ジャンボの場合

「年末ジャンボ宝くじ」(第770回 全国自治宝くじ)
等級等当せん金本数
(24ユニットの場合)
1等700,000,000円24本
1等の前後賞150,000,000円48本
1等の組違い賞100,000円4,776本
2等10,000,000円72本
3等1,000,000円2,400本
4等100,000円96,000本
5等10,000円480,000本
6等3,000円4,800,000本
7等300円48,000,000本

24ユニット販売です。

1ユニット2,000万枚の場合は以下になります。

01組~200組、番号は100000~199999

200組×10万通り=2,000万枚

24ユニットで当たり本数が24本あるなら1ユニット2,000万枚に1本の当たりがあります。

年末ジャンボミニの場合

1ユニット1,000万枚の場合は以下になります。

「年末ジャンボミニ」(第771回 全国自治宝くじ)
等級等当せん金本数
(15ユニットの場合)
1等30,000,000円75本
1等の前後賞10,000,000円150本
2等10,000,000円150本
3等1,000,000円1,500本
4等100,000円45,000本
5等10,000円150,000本
6等3,000円1,500,000本
7等300円15,000,000本
年末ラッキー賞20,000円30,000本

15ユニット販売です。

1ユニット1,000万枚の場合は以下になります。

01組~100組、番号は100000~199999

100組×10万通り=1,000万枚

15ユニットで当たり本数が75本あるなら1,000万枚に5本の当たりがあります。