ロトシリーズはミニロト、ロト6、ロト7がありますが一番確率が高く当たりやすいのはミニロトです。

この記事ではロトシリーズのルール説明から説明していきます。

そもそもロトシリーズって?

数字選択式宝くじの事ですが、ミニロト、ロト6、ロト7と名称がついており、3つはボールを使って抽選させる、マークシートに記入して数字を選ぶ

ルールも、ほぼ同じロトシリーズになります。

ミニロト

1等申込数字が本数字5個すべて一致1/169.911約1,000万円
2等申込数字が本数字4個と一致し更にボーナス数字1個と一致5/169.911約15万円
3等申込数字6個のうち4個が本数字に一致125/169.91約1万円
4等申込数字6個のうち3個が本数字に一致3.250/169.91約1,000円

ミニロトの1等を当てようと思えば約1/17万の確率になります。

ミニロトは31個の数字から5個選ぶだけなのですが、1等は確率が低いのがわかりますね。

1口200円で毎週火曜日に抽選があります。

17万回購入しても1等が当たる保障はありませんが、それまでに当たる確率もあるのです。

ロト6

1等申込数字が本数字6個すべて一致1/6,096,454約2億円
2等申込数字が本数字5個と一致し更にボーナス数字1個と一致6/6,096,454約1000万円
3等申込数字が本数字5個すべて一致216/6,096,454約30万円
4等申込数字が本数字4個すべて一致9,990/6,096,454約6800円
5等申込数字が本数字3個すべて一致155,400/6,096,454固定1000円

1等の確率がヤバイ事になってます。

1/600万です。

先ほどのミニロトの方が可愛く見えてきますね。

抽選日は月と木で1口200円。

さらに43個の中から6個を選ぶのですが、ミニロトは31個の数字から5個選ぶに対しロト6は43個と数字の幅が広がりました。

それだけでここまでも変わるのが不思議です。

ロト7

1等申込数字が本数字7個すべて一致1/10,295,472約4億円
2等申込数字が本数字6個と一致し更にボーナス数字2個のうち1個と一致14/10,295,472約1,000万円
3等申込数字7個のうち6個が本数字に一致196/10,295,472約100万円
4等申込数字7個のうち5個が本数字に一致9,135/10,295,472約12,500円
5等申込数字7個のうち4個が本数字に一致142,100/10,295,472約2,000円
6等申込数字が本数字3個と一致し更にボーナス数字1個または2個に一致242,550/10,295,472約1,000円

1等の4億円・・・。

これは欲しくなりますが確率が恐ろしく低いのが分かります。

これなら、まだミニロトを選んでるほうがマシですよね。

ミニロト1等は約1,000万円
確率は1/169.911

ロト7、1等は約4億円
確率は1/10,295,472

ロト6、1等は2億円
確率は1/6,096,454

これだけの差があります。