排卵日検査薬の陽性反応

排卵日検査薬は自宅でこっそり購入できるネット通販がおすすめ

妊娠したいと思っている女性で排卵日検査薬を使っているという方は非常に多いようですが、排卵日検査薬は妊娠検査薬と違って、陽性反応が出たその日が排卵日という訳ではありません。誤解されている方も少なくないようですから、そこのところ注意が必要です。

排卵検査薬は黄体形成ホルモンを調べるための検査薬で、この黄体形成ホルモンは排卵日にかけてどんどんと分泌量が増えていき、この黄体形成ホルモンの分泌量が最大になった後に排卵が起こります。

排卵日検査薬は排卵予定日の数日前から使い始めるようにし、薄い陽性反応から様子を見ていくようにすることが大切です。排卵日検査薬によってもこのホルモン分泌量を感知する基準が若干異なりますが、排卵予定日数日前から陽性反応が出始めるものがほとんどです。

薄い陽性反応から始まり、強い陽性反応が出るまで検査を続け、強い陽性反応が出た日は1日に2回検査するようにしましょう。なぜならば、排卵日検査薬で強い陽性反応が出たら、そこから12時間~48時間以内に排卵が起こると言われているからです。

強い陽性反応が出て、排卵が起こると排卵日検査薬の反応はまた薄い陽性へと戻っていきますから、強い陽性反応が出たら、検査の回数を増やすことで、さらに細かに排卵のタイミングを掴むことが可能になると言えます。

今書いたように、排卵日検査薬は妊娠検査薬と違って、陽性反応が出た日が排卵日だという訳ではないということを理解した上で、正しい使い方を守って使用するようにしましょう。