排卵日検査薬のタイミング

排卵日検査薬は自宅でこっそり購入できるネット通販がおすすめ

少しでも早く妊娠したいと望む人達や、不妊治療の一環として、という形で使われるのが排卵日検査薬ですよね。

この排卵日検査薬を使って1番妊娠しやすい時期を調べ、タイミングをはかるというのが妊娠への近道です。排卵が起こる直前に脳下垂体から黄体化ホルモンというのが分泌されるそうなんですが、この黄体化ホルモンの分泌を調べるのがこの検査薬。

陽性反応が出てから24~36時間以内に排卵が起こるとされてます。

精子の寿命が3~5日程度で、卵子の寿命は排卵が起こってから24時間程度と言われてますから、検査薬で陽性反応が出たらそこから24時間以内くらいで子作りを行うと妊娠の可能性はぐっと高まる。

もっと細かく知って、絶妙のタイミングを狙いたいという人は、緩い陽性反応と強い陽性反応をしっかりと見定めるといいのかもしれません。

こういうのはネットなんかでもかなり詳しく説明しているサイトなどがありますから、そういったところを積極的に参考にしましょう。あとは、検査薬だけに頼るのではなく、基礎体温を並行して調べていくとさらに排卵を見極める役に立ちそうです。